セミリタイアの人におすすめ?原田ひ香さん著『財布は踊る』

僕が今回読んだ小説は、『財布は踊る』というタイトルの本(^^)

 

 

著者の原田ひ香(はらだ ひか)さんは、テレビドラマにもなった『三千円の使いかた』を書いた人です。

 

 

僕はテレビドラマを観るまで原田ひ香さんのことを全然知らなくて、テレビドラマが面白かったから小説の『三千円の使いかた』も読んでみた感じでした。

 

 

映像を観た後に原作を読むのは外国映画でよくしてましたが、テレビドラマでそうするのは初めてのこと・・・。

 

 

しかも他の著書も読みたくなるのは僕的に更に珍しいことなので、ブログのネタにすることにしました(^^)

 

原田ひ香さん著『財布は踊る』

 

タイトルの『財布は踊る』から連想されるように「お金」にまつわる内容とだけ書いておきます。

 

 

今のところ、原田ひ香さんの著書は『三千円の使いかた』と『財布は踊る』しか読んでないですが、お金に関する知識がめちゃくちゃ豊富な小説家さんのようで、お金の知識が乏しい僕にとってはすごく参考になってます。

 


f:id:nishiokaninja:20230524224128j:image

 

『三千円の使いかた』はテレビドラマになりましたが、この『財布は踊る』はかわいい表紙絵でありながら、僕的には大人向けかな?と思いました。

 

 

あくまでも小説としてのめり込むしっかりしたストーリーがありながら、お金に関する内容は濃く、勉強させてもらえることもぎっしり詰まった感じ。

 

 

僕は、結末がどうなるのかが気になって、一気読みしてしまいました(^^)

 

 

お金のことを日々考えてるセミリタイアを目指す人やセミリタイア済みの人などが読んだら、じっくり考えさせられることがある内容かもしれないと思いました。

 

 

もちろんセミリタイアという枠に入れなくても、めちゃくちゃ面白いストーリーでした(^^)