自転車(ママチャリ)のボトムブラケット(bb)の左ワン外し。カップ&コーン型式のベアリング(ハンガーリテーナー)交換と調整をやってみた

我が家のママチャリは、購入から20年くらい経過した自転車です。

 

 

普段の用途は、歩きではちょっと遠いと感じる場所へ行くときや車で行くほどじゃないけど早めに目的地に行かなければならないとき・・・。

 

 

それ以外は、サイクリングが気持ちいい気候や天気の日に出動する感じです。

 

 

メンテナンス状況は、タイヤの虫ゴムを何度か交換、ライトの球切れによるライト本体の交換、後輪のチューブとタイヤ交換です。

 

 

ライトは、電球を替えようとしてたところ、ネット通販でLEDの自転車用ライトの安い商品を見つけたので、本体ごと交換しました。

 

 

そんな感じで20年くらい所有してるママチャリ(自転車)ですが、いつの頃からか、走行中に異音がするようになりました。

 

 

乗ってたら、漕ぐ力の負荷が一番かかってそうな前ギアの軸辺りから異音がするようになったのです。

 

 

その異音は、常にじゃないですが、坂道での立ち漕ぎで高い負荷がかかったときなどは、僕的に「そのうち壊れるかも?」と思わせられる音でした。

 

 

安く済むならと、自転車屋に症状や修理費用を聞きに行ったことがありました。

 

 

しかし、後輪のタイヤ交換の見積りを口頭で聞いたときも高いと思ったのと同じで、異音がするボトムブラケット(略してbb)というところの整備費用も「えっ?マジで?」という高めの金額。

*これらは、あくまでも僕個人の金銭感覚での話です(^^)

 

 

自転車屋は、我が家の(安物&20年物の)ママチャリのボトムブラケットを整備するなら買い換えをすすめる感じ。

 

 

安物自転車の新品値段とボトムブラケットの整備費用を天秤にかけたら、たいていの人は新品を買うと言うかも?です。

 

 

しかしながら、セコい僕は、自力で何とかならないかと思ってネット検索で調べました。

 

 

その結果、自転車の心臓部分と言えるボトムブラケットの中身は、大きく分けて「カートリッジ型式」と「カップ&コーン型式」があると知りました。

 

 

ネットで調べてると、クランクという言葉も頻繁に出てきましたが、素人の僕的には専門用語ひとつでも増えると混乱するので、ペダルで漕いだ力が伝わる軸の部分はボトムブラケット(bb)、その場所の種類はカートリッジ型式とカップ&コーン型式があると覚えました。

 

 

ちなみに、クランクとは、ペダルが付いてる棒のことですが、今回のブログ記事では「棒」です。

 

 

僕も場合、今のところ、翌日には「クランクって何だっけ?」となりますので、ペダルが付いてる棒で良しとしました(^^)

 

ボトムブラケット(bb)で悩む。カートリッジ型式にするかカップ&コーン型式のままか?

 

ネットで調べると、安物ママチャリのボトムブラケット(bb)の代表であるカップ&コーン型式をカートリッジ型式に交換してしまうという人を発見しました。

 

 

カートリッジ型式にすると、部品交換としては、その名の通りカートリッジを交換。

 

 

楽で良いじゃないか\(^-^)/

 

 

しばらくの間そう思ったわけですが・・・。

 

 

我が家にあるママチャリのボトムブラケットをカートリッジ型式にできると仮定した場合、何をすることになるのか?

 

 

先ずは、ペダルが付いた棒の部品をボトムブラケットから(わずかに出てる棒から)外さなければなりません。

 

次に、カップ&コーン型式を保持してる右ワンという部品、左ワンという部品、その部品を止めてるロックリングを外す必要があります。

 

 

ペダルが付いた棒をボトムブラケットのところから数センチ出てる棒から外す→ワンのロックリングを外す→左ワン外す&右ワン外す。

 

 

それと、右ワンを外すには、足がチェーンと接触しないようにあるチェーンケースも外すことになります。

*チェーンケースが無い場合は、作業がちょっと楽かも。

 

 

これらは、専用工具無しで付け外しができる人がいるかもしれませんが、購入から何年も経ってたり青空駐輪で部品がサビたりして固着してる自転車は、難易度が高いと思います。

 

ペダルが付いた棒(クランク)を外すだけで一苦労、左ワン外しで挫折

 

自宅にある適当な工具を使って、ペダルが付いてる棒をボトムブラケットのところから頑張って外しましたが、もっとスマートに付け外しをしたかったので、安い専用工具を探しました。

 

 

その専用工具は「コッタレス抜き」というもので、単品売りだとどこを探しても僕的に高い・・・。

 

 

セット売りになると、カートリッジ型式に対応した工具などもセット内容にあるのでお得感あり。

 

 

ママチャリをカートリッジ型式にしないのでコッタレス抜き以外は必要無いのですが、子供の自転車がカートリッジ型式なので、全くのムダにはならないだろうと思い、フリマアプリで約1000円でセット購入しました。

 

 

ちなみに、僕が探したところでは、カップ&コーン型式に対応したセット売りは見当たりませんでした。

 

 

そんなわけで、ペダルが付いた棒をボトムブラケットのところから難なくスマートに付け外しできるようになりました(^^)

 

ママチャリの異音の原因を左ワン締め込みで治した。でも、不安だったのでベアリング(ハンガーリテーナー)を交換した

 

異音の原因を簡単に治す方法としてネットで上がってた「左ワンの増し締め」。

 

 

先ずは、これをやりました。

 

 

家にあった適当な工具でワンのロックリングを緩め、次に、ネットで見たり読んだりしたように軽く回るはずの左ワン・・・。

 

 

我が家のママチャリは、軽く回らない(T^T)

 

 

そんな我が家のボロいママチャリのワンを、適当な工具で苦労しながら締めてみて、一応は異音がしなくなりました。

 

 

しかしながら、異音がする=(イコール)ベアリングのグリス切れなどが考えられるため、数ヶ月してから左ワンを外してみることに。

 

 

そしたら、左ワンは1ミリも動かないのです。

 

 

締めるのに苦労して、緩める際は微動も無し。

 

 

というわけで、ワンを外すための専用工具を買いました。

 

 

こちらは2000円弱で購入。

 

 

カップ&コーン型式の棒の部品は削れなどなく使えると信じ、ベアリングだけをネットで購入しました。

 

 

ベアリングは、ハンガーリテーナーという名前で、1/4ボールというのを買いましたが、商品によってベアリングの玉数は多かったり少なかったりで、それが走行にどう影響するのかは正直なところ不明です。

 

 

なので、何玉が良いとか断言できません。

 

ママチャリの左ワン外し。ベアリング(ハンガーリテーナー)の向きを気にして交換。左ワンの調整など

 

専用工具を使ってママチャリの左ワン外し!

 

 

専用工具なので楽勝と思いきや、家にあった適当な工具で頑張ったおかげで、左ワンの凸部分がちょいナメ気味になっており、すんなりいきません。

 

 

ちょいナメなので力加減が難しく、自転車をひっくり返して、中腰姿勢で左ワンを目の前に見れるようにしてから外す作業を頑張りました。

 

 

左ワン側にあるベアリング(ハンガーリテーナー)は、左ワンの中にありました。

 

 

右ワン側のハンガーリテーナーは、固着気味のグリスと共にマイナスドライバーで簡単に取れましたが、ハンガーリテーナー自体がベアリングを保持していず、ベアリングがポロポロと出てきました。

 

 

ベアリングの再利用をするつもりは在りませが、干からびたようなグリス付きのベアリングなので、慎重に取り出して不燃ゴミへ。

 

 

ハンガーリテーナーの向きを間違えないように、取り外しの際はスマホで画像を残しながら進めました。

 

 

ところが、取り付け前にネットで改めて調べたら、我が家の自転車と向きが違うのです。

 

我が家のママチャリの左ワン。ベアリングが脱落したハンガーリテーナー付き⇩f:id:nishiokaninja:20240516170332j:image

 

向きに関して言及は避けますが、その人はその向きで取り付けたということにして気にしないようにしました(^^)

 

 

我が家のママチャリに元々付いてた向きと同じようにハンガーリテーナーを棒(コーン)に配置⇩

f:id:nishiokaninja:20240516170406j:image

 

 

この文章を書きながら「カップ&コーン」のことを改めて調べたら、カップはワンのことでコーンは上の画像にある棒のことだそうです。

 

 

画像のものを自転車のボトムブラケットに左ワン側から入れて、左ワンを締め込んで調整し、棒の両端にペダルの棒(クランク)を取り付ける感じ。

 

 

ハンガーリテーナーにはたっぷりのグリスを付け、ワンの内側にもグリスを付けました。

 


f:id:nishiokaninja:20240516180314j:image

 

画像のグリスは、僕がバイクを趣味にしてたときのもので、用途が合ってるかどうかは不明です。

 

 

捨てる気満々のグリスでしたが、思わぬところで出番がきました。

\(^-^)/


f:id:nishiokaninja:20240516180239j:image

 

ボトムブラケットに組み付け後、左ワンの調整ですが・・・

 

ボトムブラケットに組み付け後、左ワンを締め込みながらベアリングの当たり調整なのですがですが・・・。

 

 

このとき思ったのは、専用工具を買ってて良かったということ。

 

 

理由は、微調整がとてもしやすかったからです。

 

 

素人整備の僕がおこなった調整は、左ワンを締め込み過ぎない程度に回し込みます。

 

 

先ずは、左ワンから突き出てる棒(コーン)の端を、棒に対して向こう側へと手前側へとの移動範囲を1cm未満くらいまで左ワンを締め込む。

 

 

そこで右ワン側のみペダル付きの棒(クランク)を付けて、左ワンをちょっと締め込むたびにペダルの動きをチェック・・・。

*同時にチェーンケースのフタみたいなのも付けてペダルの動きに支障がないようにしました。

 

 

ペダルの動きに少し抵抗があるくらいまで左ワンを締め込んだ後、左ワンにロックリングを付ける。

 

 

ロックリングを付けると左ワンの締め込みが微妙に緩くなるので、その時点の調整が納得できたら調整完了。

 

 

ネット情報では、ペダルは足で漕ぐものなので、手の感覚で「ちょっときつい目に調整してしまったかな?」くらいか、ゴリ感があるくらいで丁度良いとのこと。

 

 

ゴリ感?マジか?と思いましたので、僕はゴリ感を感じるほど締め込む勇気はありませんでした。

 

 

何にしても、締め込み過ぎて新品の寿命を縮めるくらいなら、何度か走ってその都度調整し、ベストな調整を目指すのが良いかと思います。

 

 

最後は、左ワン側のペダル付き棒(クランク)も取り付け、ナットやネジなど外した部品をちゃんと付けたら完成。

 

 

この整備は今回初めてやってみたのですが、専用工具さえあれば、ハマる要素が少ない気がします。

 

 

なので、後輪タイヤの交換より短時間で終わったこともあり、結果的には簡単に思えました(^^)

 

 

*このブログ記事は僕個人の備忘録の域を超えるものではありません。

記述に間違いなどあるかもしれませんので、参考にされる場合は自己責任でお願いします。

安全を考えると、自転車整備は自転車屋に任すにこしたことはないです(^^)